昨年のニセコヒルクライムの前日

我がキシリウムホイールに履かせていたチューブラータイヤがパンク!

当時 替えのチューブラーを持っていなかった私はとりあえず持っていたエアロホイールでヒルクライムに臨み、思った結果が出なかったのでした・・・

というわけで

やっとこさチューブラータイヤ交換となりました。ニセコクラシックに間に合う・・・良かった・・・ホッ
image

ヴィットリア コルサ エリート


ヴィットリアは選手の支持率が高いですね。
昨年 ニセコクラシックはこのタイヤで走ったのですが「すんげー良かった」

それまで「チューブラータイヤってなんだ?」くらいでいたのですが、コンディションも良かったせいか「すんげーはやくなった」ような気分になったのを覚えています。

※クリンチャーとチューブラーの違い
クリンチャータイヤ→通常のタイヤ:タイヤの下にチューブがあって、それが膨らむ構造
チューブラータイヤ→タイヤ自体にチューブが入っているって感じ 構造がまんまるで高圧でも大丈夫 軽量化できるメリットがある。乗り心地もダイレクトで良いとされている。ちなみにヴィットリア コルサ エリートの重量は270g 取り付けにセメントかテープが必要

具体的に?と聞かれるとですね、実はあんまり違いがよくわかってないかも・・・
ちょっと走り込んでみて、クリンチャータイヤとチューブラータイヤの比較をしてみよう。

ん〜 早く履かせてあげたいわあ〜
image

しかしパンクがちょっと怖くてね・・・だって高いんだものw
今週末のネイチャーライドニセコで履くか?
来週末のニセコクラシック直前まで履かないか?
ちょっと走っておいた方がいい気もするしな・・・
ん〜 迷う!